TEL

シンスプリントの施術経過 | 川越市・川越駅 あさひ町整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ障害 > シンスプリントの施術経過

シンスプリントの施術経過

2014.01.16 | Category: スポーツ障害

シンスプリントの施術で通院して頂いているお客様の経過です。今日施術(施術)の為来院されました。
11日に施術した後に練習の部分的な参加をお願いして帰宅して頂きましたが実際に練習に参加した状態を確認しました。
お客様にお話を伺った所実際は練習にはまだ参加していないとの事でした。お客様曰く、まだ患部に少しなのだが違和感が感じられた為再発が頭をよぎり見学をしていたそうです。
実際は私が診ている範囲ではもう十分に練習の参加(アップや流す程度の走り込み)は可能だと考えていました。
アスリートが一度重度のスポーツ障害に罹るとやはりもう一度痛めてしまうのでは?と言う恐怖心が芽生えるのではないのでしょうか。アスリートのメンタル面を軽視した結果です。
反省すべき点でした。(本当に申し訳ありませんでした。)
今日も施術(施術)はカイロプラクティック(整体)療法をさせて頂きました。施術前のお客様は全体的にはズレ・歪み共に少なくなっていましたが、頸がまた大きく癖を着かせ歪みを出していました。
体幹部の前屈運動・後屈運動時に頸のズレによる運動障害が診られていました。膝の屈伸運動・ジャンプ運動共に痛みはありませんでした。施術(施術)後確認しました。体幹部の前屈・後屈障害は
診られませんでした。いつも通り当院の前の路上で50%でのダッシュ・100%でのダッシュをしてもらいましたが痛みは出ませんでした。前回のお客様への説明の反省も含め説明とアップまでの練習の参加のお願いをさせて頂きました。
練習の参加の不安な気持ちと疲労も出てくると思うので次回のカイロプラクティック(整体)療法の予約の間にはマッサージ及び電気療法での施術の為に数回通院して頂くようにお願い致しました。
次回またお話させて頂きます。川越市旭町のあさひ町整骨院ではスポーツ障害施術をさせて頂いています。お困りの方がいらっしゃいましたら是非あさひ町整骨院を受診下さい。