TEL

ウォーキングによる足底部の痛み | 川越市・川越駅 あさひ町整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ障害 > ウォーキングによる足底部の痛み

ウォーキングによる足底部の痛み

2014.01.22 | Category: スポーツ障害

昨日来院頂いたお客様で最近お正月太りを気にして自宅から会社までウォーキングを始め数日後に足底部の痛みが現れ歩くのが辛くなり当院を受診されました。
顕著な歩行時痛と患部の圧痛があり歩行時には誰が診ても足の痛みを気にして歩くのが解るぐらい足を引きずり歩く状態でした(足底筋膜炎でしょう)ので早急に痛みを軽減させる事を考え
今回は電療とカイロプラクティック(整体)療法をさせて頂きました。施術(施術)後、お客様に歩いて頂くようお願いし歩いて頂きました。最初はお客様も足を着くのが怖いので
恐る恐る足を出し荷重させていましたが、痛みがない事を確認出来ると少し早歩きをして確認していましたが痛みは無くなったと大変喜ばれていました。
帰りにカイロプラクティック(整体)療法では戻りが出る事をお伝えし、そして今回なぜ足底筋膜炎を起こしてしまったのかをお話し、急激な運動をする事のリスクを理解いただき帰宅して頂きました。
川越市旭町のあさひ町整骨院ではウォーキングなどによる足底筋膜炎などの運動障害やスポーツでのスポーツ障害の施術(施術)に特化したスポーツ障害施術していますので是非スポーツ障害でお困りの方は
あさひ町整骨院を受診下さい。