TEL

バスケットボールで多い怪我とは? | 川越市・川越駅 あさひ町整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ障害 > バスケットボールで多い怪我とは?

バスケットボールで多い怪我とは?

2018.10.29 | Category: スポーツ障害

バスケットボールでの障害や怪我は川越市旭町のあさひ町整骨院にて早期施術

バスケ

バスケットボールは、素早いダッシュストップという動作や、シュート時のジャンプ動作など、さまざまな素早い動きが求められますが、毎日の練習で繰り返されることによって、スポーツ障害を起こしてしまうこともあります。
特に、部活動でプレイされている中高生などは、一生懸命練習をすればするほどに身体に無理をかけてしまって、足首などを傷めやすいのです。

高いジャンプをしようとすると、にはかなりの負担がかかりますし、着地時にはさらに大きな負担となります。こういった動作を繰り返していることによって、炎症を起こしてしまうことがあるのです。
かと言って、バスケットボールではジャンプ動作は欠かせません。出来るだけに負担がかからないように、上手な身体の使い方をしていくためには川越市旭町のあさひ町整骨院での施術が効果的です。

川越市旭町のあさひ町整骨院では、バスケットボールによる障害、そして怪我の痛みを改善させるというだけではなく、身体のバランスを整えていき、パフォーマンスアップにもつなげていきます。
全身が正常なバランスに整いますと、自然治癒力が最大限引き出されていき、つらい痛みの早期回復、そしてスムーズな身体の動きが出来るようになります。