TEL

バレーボールによるケガの施術 | 川越市・川越駅 あさひ町整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ障害 > バレーボールによるケガの施術

バレーボールによるケガの施術

2018.10.29 | Category: スポーツ障害

バレーボール施術

バレーボール特有の怪我・障害は川越市旭町のあさひ町整骨院にて施術

バレーボール

どのようなスポーツでもそれぞれ特徴的な動きがありますので、それによって怪我障害のタイプも変わってきます。バレーボールの場合には、サーブレシーブスパイクブロックトスなどといった動作、そしてどの動作をする際にもジャンプの動きが必要になります。

まず、ジャンプ動作で傷めやすいのが足首です。跳び上がる際、そして着地の際に各部位に負担がかかってしまって、関節靭帯炎症を起こしてしまうということが挙げられます。
その他にも、手首も傷めやすい部位です。バレーボールで思い切りボールを打ち込みますので、その際に少しでも当たり方が悪かったりするとつき指をしてしまったり、特にアタッカーの方はを酷使して傷めてしまうということがあります。

川越市旭町のあさひ町整骨院では、バレーボール選手に多い怪我障害をしっかりと理解した上で、効果的に改善させていくことが出来る施術をおこなっております。
趣味でママさんバレーをされているという方も、身体に痛みがあれば楽しいプレイが出来なくなってしまいます。気になる痛みや、違和感などの症状があれば、お早めに川越市旭町のあさひ町整骨院までお問い合わせください。