TEL

陸上競技に多いケガとは? | 川越市・川越駅 あさひ町整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ障害 > 陸上競技に多いケガとは?

陸上競技に多いケガとは?

2018.10.29 | Category: スポーツ障害

川越市旭町のあさひ町整骨院では陸上選手のための施術をおこなっています

陸上競技

陸上競技と言っても、さまざまな種目がありますが、どのような種目であっても走りこみで体力づくりをするということは欠かせません。
短距離選手であれば、ダッシュを何本、何十本とこなし、長距離選手であれば何キロ、何十キロとランニングをしていくことが必要です。
部活動などで陸上をされている方の場合、毎日こういった走りこみによって足首などさまざまな部位に負担がかかっていると言えます。

練習前後のストレッチなどしっかりとケアをしてあげて溜まっている疲労を取り除いてあげませんと、どんどん疲労が蓄積してそれがスポーツ障害を引き起こしたり、怪我を起こしやすくしてしまったりするのです。

部分に痛みが出るシンスプリントや、アキレス腱の炎症膝の靭帯の損傷腰痛陸上競技をされている方はこういった怪我障害を中心に気をつけていかなくてはなりません。
もし、軽い痛みであってもおかしいな?と思ったら練習を中止して川越市旭町のあさひ町整骨院までご相談ください。
軽い痛みは何らかのサインの可能性もあり、無理をさせてしまうことで大きな怪我障害になってしまうこともあります。
早めに川越市旭町のあさひ町整骨院にて施術をして思い切り走れる身体を取り戻しましょう。