TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > マラソン 膝痛

マラソン 膝痛

2013.12.15 | Category: 未分類

マラソンを趣味にしている患者様が膝の痛みを訴え来院されました。 何もしない時は特に痛みは診られないのですが、走り出してしばらくすると膝の内側に痛みが出てくるそうです。 何日か走らなければ痛みは自然に消退するのでしばらく放置していたのですが最近頻繁に症状が診られるようになってしまい来院して頂ました。 特に膝に腫れや関節部の圧痛、屈伸運動も痛みがなく膝関節部へのコンプレッションをかけても痛みがありませんでした。 そこでもう一度待合室に歩いて戻って頂きまたベットに戻ってきてもらい歩行を診ました。「なるほど。」 今度は小走りでもう一度同じ事をして頂きました。「やっぱりそうですね。」 今回の患者様は実は歩行(走行)の仕方に原因があります。(もし興味がある方は当院に来た時にでも詳しくお話致しますのでお声かけ下さい。) 今回もカイロプラクティック(整体)療法で治療をさせて頂きました。治療後の歩行と小走りのチェック、 今回も改善出来ました。しかし患者様にも説明をしましたが必ずカイロプラクティック(整体)の治療は戻りが出ます。帰りに走る際の注意点をお話して帰宅して頂きました。 しばらくしっかりとカイロプラクティック(整体)の治療スケジュールをたて治療して行きます。 マラソン選手の場合は特に膝にストレスが掛かるのできちんとスケジュール管理をして行く事が大切になってきます。 後日患者様がマッサージを受けに来院して頂いた際にお話をお聞きした所走る際の注意する点を気にして走ると痛みが無いそうです。 走行中の痛みは治療前と比べると距離にして倍ほど走っても以前のような強い痛みは無くなって来ているそうです。 もう少しカイロプラクティック(整体)療法の治療をして行くといい結果が観られると思います。

治療の流れ

1. 受付

2. 問診・検査

3. 施術

4. 今後の治療方針のご説明

5. お会計

当院へのアクセス情報

あさひ町整骨院

所在地〒350-1126 埼玉県川越市旭町3-26-27
駐車場4台あり
予約お電話にてご予約が可能です
電話番号049-247-7170
休診日日曜・祝祭日
院長大塚 明彦

フェイスブックの『いいね』よろしくお願い致します。