TEL

野球肘  | 川越市・川越駅 あさひ町整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ障害 > 野球肘 

野球肘 

2013.12.16 | Category: スポーツ障害

今日は野球肘で来院して頂きましたお客様のお話をさせて頂きます。
近所の高校生で野球部に所属していて投球数が増えて来ると肘の内側に痛みが出てくるそうです。
まず上腕部より前腕部にかけて筋緊張が強く一言でいうとパンパンに筋肉が緊張し皮膚も硬くツッパている状態でした。
今日はカイロプラクティック(整体)療法の中でも特に調整法と言うマニピュレーションを使わせて頂き施術致しました。
施術後は前腕部・上腕部の筋肉の緊張がとれ弛緩していました。
肘の痛みも一時的に軽減していましたがまた練習をし過ぎれば戻ると思います。
施術帰りにお客様に自宅で出来るケアを話、実行してもらうようにお願いしました。
追伸・・今回お客様には頸椎の矯正をしました。練習時に投球が変わったら教えてもらうようにしています。
最近の投球フォームの改善には骨盤・胸椎・肩甲上腕関節・頸部のバランスが投球時の痛みの出方に影響を与え、バランスガ改善されると球威が増し、投球時の肩や肘にかかるストレスを軽減
する効果が期待出来るとされています。(スポーツメディスンより抜粋)
またお話します。